水墨日语 日语培训班 日语被动态还有自发态和可能态的问题。

日语被动态还有自发态和可能态的问题。

五大态”:“可能态”、“被动态”、“使役态”、“自发态”“被役态”

一、可能态
表示可能,即表示具有某种能力或某种可能性。


形式:动词的未然形+ れる/られる
构成:
五段动词:把词尾「う」段上的假名变成其所在行「あ」段上的假名加「れる」。

不过五段动词经常发生“约音便”,于是五段动词变成可能态可以直接把词尾的「う」段的假名变成其所在行「え」段假名加「る」就可以了。

如:书く→书ける 买う→买える
饮む→饮める 飞ぶ→飞べる 持つ→持てる

一段动词:去掉词尾「る」加「られる」。

如:
起きる→起きられる 食べる→食べられる

サ变动词:本来应该是「する」的未然形「さ」加「れる」而构成但现代日语则是:「する」→「できる」。

如:
勉强する→勉强できる 电话する→电话できる

カ变动词:只有一个词。

如:来る→来られる

用法:一般用这样的句型「…は…が+动词可能态」。

不强调对象,而强调动作时,「が」有时也可以用「を」。

如:

例:◇今は彼は日本语の小说が読めるようになった。


◇私はまだ日本语で手纸が书けません。

◇3年间ぐらい勉强していたのに、思うまま日本语を话せなくて、悔しいです。

◇この辺りに书留を出せるところはありませんか。

这里解释一下什么是“约音便”:用第一个假名的辅音和第二个假名的元音结合成新的假名。

如:「か」的发音是“ka”,其辅音是“k”,「れ」的发音是“re”,其元音是“e”,把“k”和“e”结合在一起,就成为“ke”即「け」。

“约音便”不只限于可能动词,其他形式上的“约音”,都可以用这种方法。

注意:这里我来说一下可能的其他表达方式。

①动词连体形+「ことができる」。

(サ变动词还可以用词干+できる)

例:◇あなたはピアノを弾くことができますか。

◇李さんは饺子を作ることはできますが、ピサを作ることはできません。

◇田中さんは车を运転できると闻いています。

②动词连用形+うる/(える)(这个用法以后在中级的时候将学到)

例:◇それはあり得ることです。


◇彼女に面会することをえなっかた。

③动词できる、见える、闻こえる、わかる等都带有“能够”、“可能”的意思。

例:◇ここから东方明珠が见えます。


◇隣の部屋からおかしい音が闻こえてきた。


◇私の気持ちが分かってくれますか。

二、被动态
表示被动,即表示承受来自别人(或事物)的某种动作或影响。

形式:动词的未然形+ れる/られる
构成:
五段动词:把词尾「う」段上的假名变成其所在行「あ」段上的假名加「れる」。

(这个形式和可能态的基本形式相同,但没有“约音便”。

)如:
书く→书かれる 买う→买われる 饮む→饮まれる
呼ぶ→呼ばれる 持つ→持たれる

一段动词:去掉词尾「る」加「られる」。

如:

见る→见られる 食べる→食べられる

サ变动词:「する」的未然形「さ」加「れる」。

如:
勉强する→勉强される 邪魔する→邪魔される

カ变动词:只有一个词。

如:来る→来られる

用法:被动句大致可以分成两大类型。

也就是“直接被动句”(简称“直接”)和“间接被动句”(简称“间接”)。

如下表所示。


带宾语的句型:(甲)は(乙)に(から)…を+动词的主语是人 被动语态
不带宾语的句型:(甲)は(乙)に(から)+动词的被直接 动语态

有行为主体的句型:(物)は(乙)によって+动词的被动语态
主语是物
没有行为主体的句型:(物)は+动词的被动语态

(在不强调行为主体是谁时,日语里一般用被动句型。

)
谓语是他动词的句型:(甲)は(乙)に…を+动词的被动语态

间接
谓语是自动词的句型:(甲)は(乙)に+动词的被动语态

(这种用法多用在主语受到损失的情况下,常用来说明后面动作或状态的原因。


例:◇李さんは先生に褒められました。


◇铃木さんは黄さんに中国语を教えられました。


◇この小说は夏目漱石によって书かれたのです。


◇この病院は1972年に建てられたのです。


◇昨日友达に来られて、宿题はできませんでした。


◇电车の中で、隣の人に足を踏まれて血が沢山出てきた。

被动态有4种类型:
1,在主动句中宾语是人或动物时:
主动句:「先生が学生を褒めた。

」“老师表扬了学生。


被动句:「学生は先生に褒められた。

」“学生被老师表扬了。


在这一类被动句中,主动句的主语变成了补语,用「に」表示;主动句的宾语变成了主语,用「は」表示;动词变成了被动式(=未然形+られる)。

又如:主动句:「猫が鱼を食べてしまった。

」“猫把鱼吃掉了。


被动句:「鱼は猫に食べられてしまった。

」“鱼被猫吃掉了。

2,在主动句中的宾语是带有以人做定语的事物时:
主动句:「弟が私の时计を壊した。

」“弟弟弄坏了我的表。


被动句:「私は弟に时计を壊された。

」“我被弟弟弄坏了表。


在这一类被动句中,主动句的主语变成了补语,用「に」表示;主动句宾语的定语部分变成了主语,用「は」表示;宾语保留;动词变成了被动式(=未然形+れる)。


又如:主动句:「バスの中で、隣の人が私の足を踏んだ。


“在公共汽车里,旁边的人踩了我的脚。

被动句:「バスの中で、私は隣の人に足を踏まれた。


“在公共汽车里,我被旁边的人踩了脚。

3,主动句的主语可以忽略,宾语是非人物时(多用于活动):
主动句:「学校は8时から会议を开きました。


“学校从8时起开会。

被动句:「会议は8时から(学校によって)开かれました。


“会议(由学校主持)从8时开始。

在这一类被动句中,主动句的主语一般消失,假如一定需要,可用「によって」表示;主动句的宾语变成了主语,用「は」表示;动词变成了被动式(=未然形+れる)。

又如:主动句:「いつ、何処で、谁が谚を作ったか、分かりません。


“弄不清楚,在何时何地,谁创造了谚语。


被动句:「谚は、いつ、何処で、谁によって作られたか、分かりません。


“弄不清楚谚语是在何时何地,被谁创造的。

三、使役态
表示让别人作某种动作的表现手法。


形式:动词的未然形 + せる/させる
构成: 五段动词:把词尾「う」段上的假名变成其所在行「あ」段上的假名加「せる」。

如: 书く→书かせる 买う→买わせる 饮む→饮ませる
呼ぶ→呼ばせる 持つ→持たせる
一段动词: 去掉词尾「る」加「させる」。

如:
寝る→寝させる 食べる→食べさせる
サ变动词:「する」的未然形「さ」加「せる」。

如:
勉强する→勉强させる 练习する→练习させる
カ变动词:只有一个词。

如: 来る→来させる

用法:根据谓语动词词性的不同,将使役态的句型大致可以分成两大类。

也就是“他动词的使役态句型”和“自动词的使役态句型”。

如下表所示。

他动词的使役态句型:(甲)は(乙)に…を+动词的使役态

注:这里的「に」表示被使役的对象。

「を」表示动词的作用对象。

自动词的使役态句型:(甲)は(乙)を…+动词的使役态
注:这里的「を」表示被使役的对象。

例:◇おばあさんは妹に新闻を読ませた。


◇母は弟に薬を饮ませた。


◇李先生は授业中いつも冗谈を言って、学生を笑わせる。


◇両亲を怒らせることはこれ以上するなよ。


◇父は弟をタバコを买いに行かせた。

(不过这种句型一般用这种表达:父は弟に命じて/をしてタバコを买いに行かせた。

四、自发态
表示某种自发的心情。


形式:动词的未然形 + れる/られる

构成:
五段动词:把词尾「う」段上的假名变成其所在行「あ」段上的假名加「れる」。

(这个形式和可能态的基本形式相同,但没有“约音便”。

)如:
思う→思われる 偲ぶ→偲ばれる(しのばれる)
待つ→待たれる 思い出す→思い出される
一段动词:去掉词尾「る」加「られる」。

如:
感じる→感じられる 案じる→案じられる

サ变动词:「する」的未然形「さ」加「れる」。

如:
勉强する→勉强される 邪魔する→邪魔される
カ变动词:只有一个词。

如: 来る→来られる
用法:动词前面的「を」,变成自发动词以后要变成「が」。

例:◇この写真を见ると、学生时代のことが思い出される。


◇昨日の失败が悔やまれてならない。


◇なんだか変だと思われる。


◇外国の息子のことが案じられる。


◇それを见ると、故郷が偲ばれる。

五、被役态
表示被使役者被迫或自发做某事。


形式:动词的未然形 + される/させられる
构成:
五段动词:把词尾「う」段上的假名变成其所在行「あ」段上的假名加「される」。

如: 饮む→饮まされる 待つ→待たされる 书く→书かされる 买う→买わされる
一段动词:去掉词尾「る」加「させられる」。

如:
起きる→起きさせられる 答える→答えさせられる

サ变动词:「する」变成「させれれる」。

如:
勉强する→勉强させれれる 感动する→感动させれれる

カ变动词:只有一个词。

如: 来る→来させれれる
用法:基本句型和被动句很相似。

被役句由被使役者作主题,用「は」表示,使役者作补语,用「に」表示,谓语用动词被役态。


例:◇李さんは昨夜友达にお酒を沢山饮まされました。


◇大黄河の素晴らしさに感动させられました。


◇警察に问い诘めされた时、详しく答えさせられました。


◇その理髪店に行くとずいぶん待たされます。

声明:本站内容源于网络,出于传递更多信息之目的,并不意味着赞同其观点或证实其描述。文章内容仅供参考,请咨询相关专业人士。https://www.shmjnt.com/article/5470.html
联系我们

联系我们

返回顶部