水墨日语 日语培训班 好听的日文昵称

好听的日文昵称

网名:なくすことのかつて (遗失的曾经) 补佐する力の涙 (羽翼之泪)ざわざわ多い雪 (簌簌纷雪) 白いバラの夜 (白蔷薇之夜) 梦の水の泡 (梦之泡影) 水月の镜の花 (水月镜花) 会飞のすこし浸します (会飞的泡泡)
资料:
1ハマナシの静かな満开なこと、ストックの静かなしぼむこと。

野草の静かな広がること、少しも沈んでと抑えて、味わうことがあります。

私は无口で、もう立ち去りません……
(玫瑰花安静的盛开,紫罗兰安静的谢了。

野草安静的蔓延,一丝沉没与压抑,却有品味。

我沉默,不再离去…… )

2もし私は私が间违っていることを知っているならば.それでは私は私の持つすべてを大切にします.人生がただ得るだけの后に失って、それから纷失物が戻ってくる过程.いくつかあって、失って、まるで秋に枯れしぼむ花弁はどのみち新しく开放的な机会があります:いくつかあって、1时を逃して、一生を逃しました….
(如果我知道我所要错的.那么我将会珍惜我拥有的一切.人生不过是得到后失去,然后失而复得的过程.有一些,失去了,仿佛秋天枯萎的花瓣总会有新开放的机会:而有一些,错过了一时,就错过了一生…. )

3道中あなた达がいます
私の喜びに付き添って私に付き添って忧えます
この诚実な友情
私は一生大切にすることができ(ありえ)ます
(一路上有你们
陪我欢喜陪我忧
这份真挚的友谊
我会一辈子珍惜 )

4残忍は绝えずあれらのすでに超过する幸福を言い出すのです。


の哀悼する感じ 。

もし
俗世は再会しないであなたの名前を知っているならば、
ひっそりと静まり返る地球に小声で话します:私は移动しています。


きらめく水に言います:私は存在します。


(残忍是不断要提起那些已过的幸福。


伤逝的感觉 。


如果尘世不再会知道你的名字,
向寂静的地球低语:我流动着。


向闪亮的水说:我存在。

)

5そよ风は持っていって、过去を振り返るに忍びない昨日で、岁月持っていけないで、ところが长い名残惜しむこと…………
(微风带走的,是不堪回首的昨天,岁月带不走的,却是长久的依恋………… )

6もし彼女の涙は私の头の上で垂らすならば、私は透明な天国に来て、
私はずっとその地方があることができ(ありえ)ることを信じて、そこに私の心の中の最初のあこがれがあって、
俗世间の污染と悲しみがなくて、私の独りで楽しい开放だけあって、
雪の类のを开放しだして香りを浄化します……
(她的泪若滴在我的头上,我就会来到透明的天堂,
我一直相信会有那个地方,那里有我心中最初的向往,
没有世俗的污染与悲伤,只有我独自快乐的绽放,
绽放出白雪般的纯洁芬芳……)

7すべての涙を昨日に残しておきます
すべてのを悩み烦ってい未来に投げます
心ゆくまで笑いますと
それを幸せな伤にします
思う存分饮みますと
それを美しい痕迹にします
(把一切泪水留给昨天
把所有烦恼抛向未来
开怀一笑
把它当作甜蜜的创伤
纵情一饮
把它当作美丽的痕迹 )

8あなたはあの1筋の軽いダンスのそよ风です
あなたがダンスのそよ风に軽くなるのがふきます流行遅れの时に
私は锭の心の窓を缔めてあなたのために开け放します
私の心の铃はあなたのために演奏します
(你是那一缕轻舞的微风
当你轻舞的微风拂过时
我紧锁的心窗为你而敞开
我心灵的铃铛为你而奏响)

9见えての、なくなったを见ます。

夏风はそっと吹いて、瞬间に消えてなくなって迹がなくて、しっかり覚えての、忘れました。

ただ1地のかすかにぐらぐらするぼんやりしている树影だけを残します……见えないでの、ですかは存在でないに等しいですか?黒い云にただ遮るだけかも知れなくて、ちょうどよく风の砂は目に飞び込むかも知れなくて、私はあなたに见えないで、依然として温かみと感じます
(看见的,看不见了。

夏风轻轻吹过,在瞬间消失无踪,记住的,遗忘了。

只留下一地微微晃动的迷离树影……看不见的,是不是就等于不存在?也许只是被浓云遮住,也许刚巧风砂飞入眼帘,我看不见你,却依然感到温暖)

10どんな事が発生するのに关わらず 私达はしっかりとすべて頼りなければなりません 手を繋いでいっしょに过ごします これはあなたが私に承诺したのです。

やみ夜の窓を开けます 小さい鬼头は走ってきました 笑って私に対して忧え悲しむウィルスを拡散します あなたのあっという间に立ち去ったその夜にあります……
(无论发生什么事 我们都要紧紧依靠 牵手一起度过 这是你答应我的。

打开黑夜的窗 小鬼头跑了出来 笑着对我散播忧伤的病毒 在你转身离去的那个夜晚…… )

声明:本站内容源于网络,出于传递更多信息之目的,并不意味着赞同其观点或证实其描述。文章内容仅供参考,请咨询相关专业人士。https://www.shmjnt.com/article/5401.html
联系我们

联系我们

返回顶部